ガーメントスチーマーナビ


ハンガースチームアイロン 

GS28-BJ

この度は、当社製品をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。


本製品は操作がしやすく、高機能で、衣類のアイロン掛け、しわとり、ほこり取り、除菌、消臭に 使用できます。新時代の家庭になくてはならない家電製品です。 


安全上のご注意             

お読みになった後に保証書とともに大切に保管してください。


使用.安全上の注意事項


图片14.png警告:「死亡や重症を負う恐れがある内容です。」



图片15.pngしてはいけない内容图片16.png実行しなければならない内容




图片15.png
次のことをしない


■ 電源コードを無理に引っ張らない。

■ 濡れた手で抜き差ししない。

■ 子供だけでは本製品を使用させない。

■ 電線を延長することで負荷が大きくなり、発火するのを防止するため、延長コードのコンセントは使用しない。

■ 漏電などの危険防止のため、説明書に定める用途以外の目的には絶対に使用しない。

■ 異常、或いはプラグや電源コードが損傷した場合は、使用しない。

■ 自分で分解.修理.改造しない。

■ 着用したままの衣服にかけない。



图片15.png次のことを守る


●電圧は必ず正しい電圧AC100V 50/60Hzで使用する。

●定格15A、AC100Vのコンセントを単独で使う。

●注水や排水は電源をきってから行う。

●本製品の洗浄、移動は、電源をきってプラグを抜いてから行う。

●異常(異臭が出るなど).故障時には直ちに使用を中止する。

●定期的にプラグを乾いた布で拭く。

●使用時以外は、電源プラグをコンセントから抜く。



图片17.png「傷害を負うことや、財産の損害が発生する恐れがある内容です。」


☆水タンクが空の状態で電源を入れない。

☆動作時は、安全のために、絶対にその場から離れない。

☆ホースを床に置いたり、折り曲げたりしない。

☆ご使用中、ジェットノズルから噴きあがる蒸気に近づかない。

☆付属の手袋は蒸気を完全に遮断することが出来ないため、

☆本製品を移動させるときはロッドを持って移動させる。動かない場合は無理に動かさない。水を完全に排出してから、車輪を検査する。

☆収納するときは少なくとも30分間冷し、且つタンクの水を完全に排出してから行う。

☆衣類に縫い針などをさしたままアイロンかけしない。

☆本製品を可燃物の付近に置かない。



图片18.png使用上のお願い


▼アイロン本体に水をかけないで!

▼お湯や腐食性の洗浄剤を含んだ水は使用しないでください。ミネラル水や蒸留水は使用しない

で!

▼スチームを当てる際に目立たない部分でためしがけを!

▼アイロンがけの時、手袋の使用を!

▼使用後、残水を排出を!

▼長年ご使用のアイロンの点検を!


適用対象

※ スチームを当てる際に目立たない部分でためしてから行ってください。 

a. アイロン:シルク.麻.ナイロン.ウール.ポリエステル.綿毛製品にご使用できます。 


图片17.png皮革製品、人工皮革製品に使用しないでください。

b. 除菌:衣服.ソファー.枕.カーテン.シーツ.おもちゃなどにご使用できます。


图片17.png高温のスチームを噴出するため、おもちゃが変形する場合があります。

c. 消臭:カーテン.シーツ.衣服などに付着される汗.タバコの臭いを消すことが出来ます。


各部の名前及び付属品名 



1.ジェットノズル 2.フック3 トリガースイッチ4.折畳式ハンガー5.取っ手
6.ホース 7.伸縮ロッド(4段)8.伸縮ロッドジョイント部9.ホースのジョイント部 10.水タンク 
11.モードスイッチ12.ユニバーサル.ホイール13.後輪 14.電源コード15.赤外線受信器
16.パイロットランプ17.ミニボード18.手袋19.ズボンプレッサー20.エチケットブラシ
21.排水口22.クリップ 23.リザーバ 24.クリップ(ハンガー用)




图片19.png

モード位置名称 


1.オフモード      

2.加湿モード       

3.薄物モード       

4.厚物モード 


图片20.png(3~4:除菌.消臭ができます)  



製品の仕様 


商品名ハンガースチームアイロン
型番G S 2 8 - B J
水タンク容量約1 . 4 L 
蒸気放出所要時間約6 0秒
電源

1 0 0 V 5 0 / 6 0 H z 

消費電力1 3 0 0 W 
連続運転時間約5 5分
重量4 . 5 k g 

※仕様及びデザインは、品質向上のため予告なく変更することがあります。



取り付け方法 

1.フックの凹部を溝に合わせて、伸縮ロッドに入れます。(図2) 

2.伸縮ロッドの溝とジョイント部の凸部に合わせて、セットします。(図3-1) 

3.伸縮ロッドのジョイント部のロックリングを右回りにしっかり回して締めます。 

4.伸縮ロッドのスライドロック(図2のA)を緩めます。 

5.伸縮ロッドをいっぱいに伸ばして、スライドロックをしっかり締めます。 

6.ホースの接続部を矢印に従って接続し、右に回してしっかり締めます。締めすぎないでください。(図3-2) 

7.フックにかけてください。(図4) 


图片21.png



图片17.png

1.使わない時はケガをしたり本体表面に傷をつけたりしないように、フックにかけてください。

2.使用前に、ホースに蒸気が詰まらないように、また、蒸気が正常に放出されるように伸縮ロッドを完全に伸ばし、フックにジェットノズルをかけておいてください。               

3.ホースを無理に引っ張らないでください。ホースが破損すると、蒸気漏れを起こす場合があります。 

4.運転中、ジェットノズルは水タンクよりも低い位置で放置.使用しないでください。 



使用方法

1.起動前に、電源スイッチが切れていることを確認してください。 

2.水タンクを取り出し、下部のバルブ(図 5)を緩めて水タンクに水を注ぎ、完了後、バルブをしっかり締めます。冷水以外の水を注ぐことは禁止です。製品を長く使用していただくため、ミネラルを含んだ水や蒸留水は使用しないでください。水タンクを元の位置に戻し、正しく取り付けます(図6)。 

3.プラグを電源コンセントに挿入してください。 

4.モード位置を適切な機能位置に回して、パイロットランプが点灯すると、正しく作動したことを意味しています。約60秒後、蒸気がジェットノズルから噴き上がります。 

5.アイロンがけが終了したら、スイッチを OFF位置にして、プラグをコンセントから抜いてください。 


图片22.png


リモコンの使用方法

1.本製品は取っ手上のボタンで一時停止することができます。

2.コンセントをつないでも、モードスイッチが OFFになっていると、本機は作動せず、パイロットランプは消えたままで、取っ手上のリモコンは効きません。モードスイッチをOFF以外の位置に回すと、作動し、パイロットランプが点灯します。ここで、取っ手上のボタンを 

1回押すと、動作が止まって待機中となり、パイロットランプが点滅します。もう一度押すと、動作が始まり、パイロットランプが点灯します。これで動作状態と待機状態を交互に切り替えられます。 

取っ手上のボタン電池の電力不足のため、トリガースイッチが効かない場合は、ボタン電池を交換してください。

まず、プラスドライバーで電池カバー上のねじを緩め、電池を取り出して、新しい「 

LR44.1.5V」電池 2枚を入れます。電池を電池入れの「+」と「-」の記号どおりに合わせて正しく取り付け、電池のカバーを閉め、ねじをしっかり締めます。 

(取っ手上のボタン電池の交換)


图片23.png



图片17.png

製品を初めて使用するときは、電池カバーの上に電池絶縁フィルムがあります。リモコンを

使用するときは、フィルムを手で引き抜きます。この時フィルムがちぎれていないか確認します。

(フィルムが残っていると、遠隔操作できません。)リモコンのトリガースイッチは軽く押すだけで操作できます。 



付属品の使用方法

エチケットブラシの使用

本製品にはエチケットブラシをつけて、ジェットノズルと組み合わせて使用することがで

きます。取り付ける手順は以下の通りです。



熱いスチームにご注意してください。

1. 本体ジェットノズルにエチケットブラシを取り付けます。

2. 使用している場合は、まず、動作を停止させて、蒸気が完全に止まり、ジェットノズルが冷めるまでお待ちください。

3. 図 7に示すように、エチケットブラシの両端の突起をジェットノズルの先端にある両端の穴にぴったり合わせます。

4. エチケットブラシがしっかりかぶさるまでジェットノズルに差し込んでください。

5. 衣服やソファー(皮革製品以外).枕.カーテン.シーツ.おもちゃなどの表面に付着されている繊維.ホコリ.髪の毛を取り除くことが出来ます。

 图片24.png



图片16.png

取り付けは蒸気の噴出が止まってから行ってください。

(この部品はズボンプレッサーと同時に使用することはできません。)


折畳式ハンガーの使用方法 

1. フック(A)を伸縮ロッド(B)に挿入します。(図a) 

2. 折畳式ハンガー(C)のフック(D)を40度斜めにしてフック(A)の穴に挿入します。(図b) 

3. 折畳式ハンガーのフック(D)をまっすぐにしてしっかりカチッと音がするまで押しつけます。

(図c) 

4. 折畳式ハンガーのアーム(E)のバー2本(F)が一直線になるまで軽く手で両側へ引っ張ります。(図d e) 

5. 固定パルプ(G)をバー(F)に押しつけ、固定パルプ(G)上の穴とバー(F)上の突出部とを合わせます。(図e) 

6.衣類の大きさ(H)に合わせられます。(図f) 


图片25.png


アイロンがけの方法 

图片17.png

熱いスチームにご注意してください。


1.高温蒸気は衣類の繊維を軟化させ、しわを伸ばすことができます。アイロンがけする時は、衣類のしわを伸ばすように下へ引っ張って、衣類の表面をできるだけ平らにしてください。

图片26.png



2.ジェットノズルヘッドを衣類にぴったりくっつけて、軽く下へ押しながらジェットノズルヘッドを上下に動かすと、高温蒸気で繊維を軟化させて、型を整えられます。


图片27.png



3 .衣類の端にアイロンをかけるときは、衣類の掛け面の逆側を手で持って引っ張ります。左右、上下にアイロンをかけます。火傷防止のため、付属の手袋使用し、ジェットノズルから噴き上がる蒸気に注意してください。

图片28.png



4.襟にアイロンをかけるときは、やや強めに下へ押して、襟の折れ目には若干長い時間アイロンをかけます。上下を繰り返します。(付属品のミニボードを使用すると、簡単に仕上げることが出来ます。)


图片29.png



5.袖にアイロンをかけるときは、袖をまっすぐに伸ばし、袖の折れ目には若干長い時間アイロンをかけます。これを繰り返します。

图片30.png



6.正面のアイロンがけが完了したら、後ろもかけます。


图片31.png


ミニボードの使用方法 

图片17.png

熱いスチームにご注意してください。

ミニボードを使用すると、アイロンがけしにくい所が簡単に出来ます。

1、ミニボードのV字の所を襟の下に敷くと、簡単にアイロンをかけることが出来ます。

2、ミニボードの下端をポケットに差し込んで、2、3回ぐらいアイロンをかけることで、ポケットを簡単に仕上げることが出来ます。

3、ミニボードの下端を袖口に差し込んで、2、3回ぐらいアイロンかけることで、袖口を簡単に仕上げることができます。

 

图片32.png


ズボンプレッサーの取り付け方法 

ズボンプレッサーを斜めにして、溝の一角をジェットノズル下部の突き出ている取付突起にひっかけ、ズボンプレッサーを軽く上へ引っ張ると、ジェットノズルに取り付けることができます。


图片33.png

图片16.png

取り付けは蒸気の噴出が止まってから行ってください。

この部品はエチケットブラシと同時に使用することはできません。) 


图片17.png

熱いスチームにご注意してください。 

1、ハンガーに2つのクリップ(A)(ハンガー用)をつけます。クリップ(B)を伸縮ロッドの下位置に取り付けます。(図a) 

2、ハンガー上のクリップ(A)と伸縮ロッド上のクリップ(B)で上下から挟んで固定します。(図b) 

3、ズボンの折り目にアイロンをかけます。ズボンプレッサーの下にある引き手を軽く下へ押して、ジェットノズルとズボンプレッサーとの間を開け、ズボンをはさんで、折り目に軽く2、3回ぐらいアイロンをかけると、折り目がまっすぐになります。(図c、図d) 


图片34.png


排水口のお手入れ 

長時間使用しない場合は、本製品内に残された水が変質したり、雑菌が繁殖する恐れがあるので、必ず水を排出してください。本体の側面に排水口が設置してあり、左に回して開けると排水できます。完了後、右に回してしっかり閉めてください。これは次回使用時に、排水口から水が流れ出さないようにするためです。 


图片17.png

使用直後排水すると、やけどの恐れがあります。排水口から出るお湯に十分ご注意ください。(使用後30分以上経って、お湯が冷めてから、排水することをお勧めします。)  



图片35.png

1.電源スイッチをOFFにしてください。

2.電源プラグをコンセントから抜いてください。

3.本体内のお湯が完全に冷めるまでお待ちください(最低30分)。

4.伸縮ロッドをいっぱいまで縮めて、ホースは外さずに一緒に保管してください。

5.排水口から、リザーバに残った水を排出します。

6.水タンクを取り外して、余分な水を排出してからきれいな水で洗浄し、完了後、水を完全に乾かします。水タンクをもとの位置に戻します。

7.清浄した後に、排水口をしっかり締めてください。

8.ホースを伸縮ロッドに巻きつけて、ジェットノズルをフックにかけます。(図8) 

9.本製品の保管は湿気が多い所を避けてください。




沈殿物の除去方法 

一部の地域では、水に含まれる鉱物質の含有量が多い為、本体に沈殿物がたまることがあります。

鉱物質がホースに詰まって、蒸気が正常に出ない場合があります。


下記の方法で、沈殿物の集積を効果的に減少させることができます。(1ヶ月に1回程度、沈殿物の清掃を行うことをお勧めします。) 


1.動作を停止させて、電源プラグをコンセントから外します。

2.ホースと伸縮ロッドを本体から取り外します。

3.水タンクを外して、内部に残された水を排出させます。

4.酢50%と水50%を混ぜ合せます。一般の使用法ではこの混合液は約900mLで十分です。

5.上記の混合液をホースのジョイント部位からゆっくりと注ぎます。

6.リザーバの穴から混合液が見えない場合は、混合液をリザーバの半分位まで注ぎ続けます。

7.40分程お待ちください。

8.排水口を開けて、混合液を排出します。

9.本体を傾けてホースのジョイント部から混合液を排出します。

10.ホースのジョイント部とリザーバに水を注ぎ、さかさまにして乾燥させます。(混合液が全部排出されるまで上記の操作を2~3回繰り返します。) 

11.付属品を再び組み立てると、続けて使用出来ます。

上記の手順を実施したにも関わらず起動できない場合は修理に出して下さい。


故障かな?と思ったら 


图片18.pngお問い合わせする前に、お手数ですがもう一度下記項目をご確認ください。 


こんな時は考えられる原因こう処置してください

蒸気が出ない、パイロット

ランプが点灯しません。

プラグが抜けています。

プラグをコンセントに挿入

します。

家庭のヒューズが飛んで

しまいました。

電源を確認するか、或いは

電気専門店に連絡してくだ

さい。

蒸気が出ない、パイロット

ランプは点灯しています。

水タンクに水を注ぎます。説明書にある沈殿物除去方

法を参照し、沈殿物を除去

してください。

水タンクに水がありません。水タンクに沈殿物がありま

す。

ホースから音がします。蒸気がホースの中で詰ま

っています。

蒸気が出るときに音が鳴るの

は、正常な現象です。音が鳴

り続けている場合、ホースを

垂直にして、溜まった蒸気の

水を本体に戻します。

蒸気が断続的に出ます。水タンクに沈殿物がある

可能性があります。

蒸気の噴出しが数秒停止する

のは正常な現象ですが、長時

間続く場合は、説明書にある

沈殿物除去方法を参照願いま

す。


プラグをコンセントに挿入します。

電源を確認するか、或いは電気専門店に連絡してください。

説明書にある沈殿物除去方法を参照し、沈殿物を除去してください。

水タンクに沈殿物があります。

蒸気が出るときに音が鳴るのは、正常な現象です。音が鳴り続けている場合、ホースを垂直にして、溜まった蒸気の水を本体に戻します。

蒸気の噴出しが数秒停止するのは正常な現象ですが、長時間続く場合は、説明書にある沈殿物除去方法を参照願います。